2014/09/12

船越地区の状況 | 2014年 9月8日

9月8日

荒に行った後に船越地区へ足を運んでみました。
実はお恥ずかしながら、船越へ行くのは初めてでした。

車で下っていくと、砂利が山積みにされていました。
これからどこかに敷くのかな。




そのまま進むと、漁港まで出ました。





リフトやユンボが動いており何やら工事をしているようです。
振り向くと、神社の入口があるのでご挨拶で参拝。





八雲神社、船魂神社なのね。水の神様。





神社から船越、天王山地区を眺める。
建物の基礎が残り、雑草が生い茂り草原になっている。




名振方面に抜けようと車を走らせると、
途中に聞いたことが無かった神社を発見。





瀧泉院観音堂
明治の廃仏毀釈の時までは船魂観音堂で、
それを残すために神社になったようなことを看板に書いてありました。

鳥居をくぐると。



道がよく分からない。
なんとなく、進むと新たな鳥居が出てきました。




うん、しばらく人が来ていないのかな。
進んでいくと小さなお宮がありました。





屋根は雄勝石の天然スレート葺。流石だなぁ。

中を覗き、ご挨拶。若一王子神社と書いてある。
後で色々調べてみよう。




また、別な道をひたすら歩いていきましたら、
どんどん山の奥へ行ってしまい、これは日が暮れてしまうと思ったので
今日は引き返しました。


追記:
後に船越出身の応援隊員に話を聞いてみると、この先に
観音堂があるそうです。
休みの日にでも山登り格好で向かってみようかな。





0 件のコメント:

コメントを投稿