2014/08/01

復活!「ふるさと ありんこ塾」一日目

7月30日、31日の二日間、波板にて「ふるさと ありんこ塾」が開催されました。
「ありんこ塾」は旧雄勝町時代からあったジュニアリーダーの前の段階の
子ども達向けのサマーキャンプで自然の中で自然に学ぶ楽しい取り組みです。
震災後初のありんこ塾でもあり、大人も子供もワクワクしていました。




お昼に波板の海水浴場でバーベキューでご飯を食べてからみんなで
カヤックなどで海遊び開始。大人も安全確認しつつ、子供に戻ってみんなで
夢中になって遊んでいました。
ワカメと昆布の見分け方とかも教わりました。








海遊びが終わったあと、大人組は後片付けをしつつ、夜のキャンプファイアーの
準備も着々とやります。




子ども達はナミイタ・ラボに行き、夜のキャンプファイアーでのマイム・マイムなど
フォークダンスの練習を雄勝出身のジュニアリーダーOG達としていました。

落成式の時の紙がまだありました。




ダンスの練習の後は、みんなで夕食作り。メニューは定番のカレーライス。
野菜の皮を剥いたり、お肉を切って薪で調理します。






夕食の前は夕食の歌をみんなで歌う。
みんなで作って、みんなで食べるととても美味しい。




お腹もいっぱいになってから暗くなるまではお話会。
雄勝花物語 ローズファクトリーガーデンの徳水先生が来てくれました。
今回はホタテのお話。
ホタテの裏、表。色の話、天敵から逃げる時の泳ぎ方など、
みんな興味津々になって聞いていました。
そして震災後の雄勝の漁業のお話も少しだけしてくれました。
徳水先生の話の仕方もとても解りやすく、そしてカッコイイ。






そしていよいよ楽しみのキャンプファイアー。
火の女神様から火を戴く儀式が終わると土人が出現し大パニック。
(内容に関しては秘密らしいので詳しくはあえて書きません(笑))

そして火を落ち着かせる儀式をみんなでやってからのフォークダンス。






こうして「ありんこ塾」一日目が終了し、
ナミイタ・ラボでみんなで眠りました。


関連記事
復活!「ふるさと ありんこ塾」二日目


0 件のコメント:

コメントを投稿