2014/07/02

今年2014年のおがつウニまつり、無事に終了しました

6月29日に「おがつウニまつり」が開催されました。

毎年のことながら、ウニを求めて様々ところから人が沢山雄勝に集まってきてくれ
長蛇の列になり、早くにウニが売切れてしまうと同時に怒号が飛び交う、
それが昨年までのウニまつりのいつもの雰囲気でした。

今年の並ぶ人の一番乗りは朝の2:00にはもう人がいたそうです!

夜が明けると天気は雨。
残念ながらステージイベントで予定されていた、
「雄勝町胴ばやし獅子舞味噌作愛好」の獅子舞披露と、
「DIVE IN GRAVITY」という雄勝出身の高校生バンドの演奏は中止になっていました。

しかし、そんな雨だけれど人は来るかなぁと思っているとどんどん集まってきます。





最後尾は伊勢畑の山の方まで伸びていて、
霞がかった山の景色と長蛇の列が雄勝の山から
古代にいたであろう法院さん(修験者)が、ウニを求めて降りてきているような
光景でした。

会場ではウニが詰まった発泡スチロールの出し方をみんなでしています。
その数は2500箱以上!
この写真の箱の中身はみんなウニなんです。





整理券配布前に会場内で準備で走り回っているとお客さんから

「この整理券の番号で引換券がもらえるんですか?」

と、尋ねられる。しかしまだ整理券配布はしていない。
よく見るとガムテープに番号が書いてあるもので、実行委員会のものではない。
どうやら、お客さん同士での独自整理券が出回っていたようだった(!)

本物の整理券の配布が予定時間より少し早く開始されて、
今度は一気に会場内に移動しました。
お客さんの中でウニまつりに慣れている人は、キャンプ用の簡易イスなどを
持ち込んでいるベテランさん方。

おそらく、このベテランさん方々が独自のお客さんルールを作っているんだなぁ。
そうやって秩序が保たれているのか。




おがつスターズ、漁協の女性部、雄勝湾漁協を支援する会、店こ屋街のお店、屋台のたこ焼き&チョコバナナなど様々なお店も出ていました。








オーリンクハウスは、雨宿りして暖かいコーヒーを飲めるスペースで
ホッとしているお客さん方が休んでいました。




オーリンクハウスの隣が随分賑やかだなと行ってみると、
丸佑水産さんと大洋丸水産さんがホヤの詰め放題をやっていました!
思いがけない新鮮なホヤまつりにお客さんも大喜び。






硯組合の仮説工房内に設置した仮放送室では常時会場内のお知らせをしてくれています。




お昼の時間が近くになりお客さんもニコニコとウニの箱を持ち帰る姿が。






そして正午前には「完売」のサインが。




実行委員、店こ屋街、役場と関係者のみなさん、そしてお客さん、
本当にお疲れ様でした!




関連記事:
おがつウニまつり | 6月29日


0 件のコメント:

コメントを投稿