2014/07/14

ヤマテルのおじいちゃん |「初午祭」の話 その1

雄勝歴史の生き字引的な存在のヤマテルのおじいちゃん。

今日は新山神社の向かいにあるけんちゃんガーデンの開墾作業をしている時に
鍬を振りながら面白いお話がきけました。

昔、石巻市雄勝町が町になるもっと前の「十五浜村」の時代にあった祭、
「初午(はつうま)祭」というのがあったそうです。

旧暦で新年になってから一番初めの午の日にやっていた祭で、
村々から人が集まり「十五浜甚句」や踊りなどの練習を一週間くらいやり、
祭の日に馬車に舞台を作りその上で披露しながら伊勢畑方面まで(おそらく新山神社から?)
というお話。

その当時の獅子振り(獅子舞)の囃子も今と少し違う部分があったりもするんだとか。

また初午祭のお話を聞けたら、追記していきます。




0 件のコメント:

コメントを投稿